交通事故で負傷しやすい部位は?むち打ち症? 京都市伏見区 西京区 東洋鍼灸整骨院

2018年06月19日

 

 

こんにちは!!

 

京都市伏見区、西京区の「永田東洋鍼灸整骨院」「桂東洋鍼灸整骨院」です(^o^)/

 

 

 

 

 

今回も交通事故に関してのブログを更新していきます。

桂東洋鍼灸整骨院の大橋が担当します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

交通事故の負傷で最も多いのはどの部位かご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

これは警視庁交通局が出した

 

「平成29年中の交通事故の発生要因」

 

から抜粋したものです。

 

 

 

 

死亡事故や重症な事故を除いて、軽症者に限定してお伝えします。

 

 

 

 

 

 

軽症者(全体)

 

頭部 4.7%

頸部 59.9%

胸部 3.7%

腕部 8.5%

脚部 12.6%

その他 10.1%

 

 

 

 

 

 

 

中でも自動車乗車中

 

 

 

頭部 2.6%

頸部 80.2%

胸部 4.0%

腰部6.1%

腕部 2.5%

胸部2.2%

その他 2.4%

 

 

 

 

 

このように負傷事故の場合、圧倒的に「頸部」の損傷、

俗に言う『むちうち症』になってしまう確率が多いと言えます。

 

 

 

 

むちうち症とは頚椎捻挫や頸部捻挫、外傷性頸部症候群などと呼ばれるものの総称で交通事故の衝撃で首がむちのようにしなって起こるものです。

このようにしなることで首の筋肉や神経を痛め症状が出てしまいます。

 

首というのは脳へ運ぶ血管や神経などすごく大事なものがたくさんあるので損傷してしまうとさまざまな症状を出してしまうことがあります。

 

 

頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気、腕へのしびれ、、、、

 

 

なんの前触れもなく急に衝撃が加わるため痛めやすい部位になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

むちうち症の厄介なところは画像検査では異常がないこと、症状が事故直後から出ないことがあるということです。

 

 

 

 

画像検査では筋肉や神経、靭帯などは写りません。

ですので、大抵「骨には異常ないので湿布を出しときます」

といった対処が多いでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

そして事故直後は興奮状態にあるので症状が出ないことが多いです。

 

 

 

 

落ち着いてから、

 

「あれ?痛いぞ。」「こんなところも打ったっけな?」

 

など感じることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

むちうち症は放っておくと長く後遺症に悩まされることになりかねません!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな後遺症を最低限に抑えるためにも交通事故に遭った際は

 

”むち打ち治療専門院”にお体をゆだねましょう!!

 

 

京都市伏見区の「永田東洋鍼灸整骨院」、京都市西京区の「桂東洋鍼灸整骨院」【一般社団法人 交通事故医療情報協会】

に認められている鍼灸整骨院です。

交通事故医療情報協会のHPはコチラ!

 

 

 

 

 

 

交通事故の治療は特に得意としています。

 

 

 

 

万が一交通事故に遭われた際は早い目にご相談下さい。お待ちしております。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

京都市伏見区で骨盤背骨全身矯正・鍼灸治療・交通事故専門治療を提供する

《永田東洋鍼灸整骨院》

612-8353京都市伏見区東町2121 ツインズスクエア ウエスト1F

電話番号 075-611-5018   

~受付時間~

1部 【月~土】 9:00~13:00

2部 【月・火・木・金】 15:30~20:00

※水・土の2部、日祝休診

 

 

京都市西京区で骨盤背骨全身矯正・鍼灸治療・交通事故専門治療を提供する

《桂東洋鍼灸整骨院》

615-8036 京都市西京区下津林南大般若町88アルテハイム桂1F

電話番号 075-925-9868

~受付時間~

1部 【月・火・木・金】 10001400

2部 【月・火・水・木・金】 16002030

※水曜1部、土曜2部、日祝休診

 

 

先ずは一度、お電話ください。

 

診療時間外でも出来る限り対応させていただきます。

 

公式HP永田東洋鍼灸整骨院

 

 ≪エキテン≫エキテン 京都市伏見区 永田東洋鍼灸整骨院

 

公式HP:桂東洋鍼灸整骨院

 

≪エキテン≫エキテン 京都市西京区 桂東洋鍼灸整骨院