交通事故で負傷した足の骨折・捻挫・打撲・肉離れ

全体をみて施術します

交通事故後の足の痛みはなぜ起こるの?|京都市伏見区・西京区 東洋鍼灸整骨院グループ

夜20時まで開院事故の時は小さな衝撃だったのに、後になって強い痛みが出てくることがあります。

車での事故以外にも、バイク・自転車・歩いているときの事故は、さい衝撃だとしても、咄嗟に腕や足で自身をかばう姿勢になるため、部分的に強打・打ち身の状態になってしまうのです。

小さい衝撃でも上記のような状態がおこりますが、強い衝撃の場合は、さらに状態が悪くなるこ都が考えられます。

ケースとしては、脚の肉離れ・捻挫・骨折があげられます。

整形外科で治療する場合、受付時間が遅くまで開いていないということもあり、機能を回復するために重要なリハビリの時間が十分に受けられなくなることが多いです。

このことから、交通事故で骨折をしてしまった場合は、整形外科のみではなく、整骨院も併せて通うことを東洋鍼灸整骨院グループではお勧めしております。

東洋鍼灸整骨院グループでは、平日夜20時まで開院(水・土曜日は午後休診)なので、お仕事終わりなどで遅くなっても通いやすいよう、受付時間を長めに設定しています。

早く回復するためにも、しっかりリハビリを行える東洋鍼灸整骨院グループでまでご相談ください。

交通事故後のリハビリ方法|京都市伏見区・西京区 東洋鍼灸整骨院グループ

交通事故に遭ったら、東洋鍼灸整骨院グループへ交通事故での怪我の場合、早期回復するには整形外科と、整骨院を上手に併用していただくことが重要になってきます。

事故による怪我の場合、靭帯が伸びた状態や、骨折の回復後、リハビリに十分通えない場合、捻挫などのトラブルを起こしやすい状態になってしまいます。
ですから、怪我が治った後しっかりリハビリを受けていただくことで、日常でのトラブルも軽減されます。

東洋鍼灸整骨院グループでは、交通事故の状態や、その後の症状に合わせたリハビリ・治療を行いますのでお一人おひとり施術内容は異なるオーダーメイドの施術を行います。

早期改善・怪我がぶり返さない身体にしていきましょう。