交通事故で負傷した腕・手の骨折・捻挫・打撲・肉離れ

事故後の辛い症状もご相談ください

交通事故に遭ったら早期の治療・リハビリが肝心|京都市伏見区・西京区 東洋鍼灸整骨院グループ

施術風景交通事故に遭った人の怪我の割合で、二番目に多いものが腕や手首の怪我です。
事故時に防御姿勢を取ろうと、とっさに反応するため、身体を守るときに腕や手首の関節などを
負傷してしまいます。また車の運転時に事故に遭ってしまった場合、ハンドルを握っている腕にたいして
急激な運動反応を起こしてしまうことで、準備ができていない関節に極度の負担をかけてしまい、
事故後に何らかの後遺症が出てくることもあります。
捻挫の場合は、治療内容や時間、怪我の種類によって、病院と整骨院の治療を使い分けたほうが
早期に改善される場合もあります。
骨折に関しては、まず病院で治療を行い、骨がしっかりとくっついたことを確認しましょう。
しかし、病院によっては、その時点で治療を終了されてしまい、その後は痛み止めや湿布といった対処療法で
済まされてしまうこともあるかもしれません。
腕を痛めた人そうなってしまうと、回復も遅く、後遺症で悩まされてしまうことも可能性として充分にございます。
事故の前と変わらず日常生活を過ごしていくためには、十分な治療と、しっかりとしたリハビリを行うことが大切です。
湿布や痛み止めだけでなく、本来の運動機能を取り戻すために必要な治療とリハビリを
東洋鍼灸整骨院グループでは提供させていただいております。
ぜひ一度、お近くの東洋鍼灸整骨院グループまでご相談ください。

交通事故で手や腕を骨折した場合|京都市伏見区・西京区 東洋鍼灸整骨院グループ

問診風景まずはしっかりと病院で精密検査をお受けください。
整骨院でも骨折の治療を行うことは可能ですが、精密機器(レントゲンやMRIなど)での検査を行うことは出来ません。
症状によっては手術が必要になる骨折もございますので、まずは病院などの医療機関にて治療を行い、
リハビリを中心とした治療を整骨院で受ける、といった伴院が早期回復にも非常に有効な手段になります。

また無理は禁物です。骨がくっついていない状況で、負傷した部分を無理やり動かすようなことはリハビリではありませんので、
まずは骨折を整形外科や病院でしっかりと治療しましょう。
そしてリハビリが必要になった段階で、整骨院へお越しくだされば、
患者様の症状にあったリハビリを行うことができます。

手首や腕を捻挫した方への治療法|京都市伏見区・西京区 東洋鍼灸整骨院グループ

施術風景東洋鍼灸整骨院グループでは手首や腕を捻挫した方に向けての治療を行っております。
交通事故の捻挫は、骨折と違い骨に異常は現れないため、あまり重要視されず放置されてしまう場合があります。
しかし元の生活を行っていく中で、事故前とは違った違和感を感じることも多々あります。
とくに靭帯が伸びたままの状態で放置してしまうと、捻挫を繰り返してしまう関節になりやすく、日常生活にも支障をきたしてしまうことになるでしょう。
骨折とは違い、手術が不要な捻挫は東洋鍼灸整骨院グループにご来院していただくことをおすすめしております。
まずは炎症が出ている患部にたいして、痛みを取り除き、その後に後遺症を残さないように深部の痛みや、根本的な原因を取り除く治療を行います。
それぞれの患者様で、症状に違いがございますので、しっかりとお話をお聞かせください。
患者様一人一人に合わせて、その方に最も良い治療法をご提案させていただきます。
事故後、どれだけ早期に治療を行えるかが、その後の日常生活を早期に取り戻せるかに起因しております。
気になる箇所がございましたら、まずは東洋鍼灸整骨院グループまでご連絡・ご相談ください。