交通事故後で負傷した膝の骨折・脱臼・打撲・肉離れ・半月板・じん帯

整骨院と整形外科との併用がお勧め

交通事故で負傷した膝の骨折・脱臼・打撲・肉離れ・半月板・じん帯が治らない理由

腕の施術交通事故で膝の骨折・脱臼をした際には、その場で救急車で病院に運ばれる事が殆どなので運ばれた病院整形外科さんで固定・手術などの治療をする事が最適だと私も考えます。

又交通事故で負傷した膝蓋骨脱臼など整骨院でも脱臼の治療は出来ますが、骨折を合併している事もあり、レントゲン検査が必須ですのでレントゲン検査の行えない鍼灸整骨院では最適とは言えません。

しかし、骨が付いた後(ギブス固定が取れた後)脱臼後ギブス固定が必要でない場合は、整形外科さんと整骨院を併用通院してリハビリをする事をお勧めします。

何故ならば、リハビリは手を掛ける(手技での治療)する事と通院頻度が重要だからです。

一般的な整形外科さんでは受付時間が短く、リハビリの予約も取りにくい為、適切な通院回数をこなせません。

しっかりお話を伺います東洋鍼灸整骨院グループは一般的な整形外科・整骨院さんと違い水曜土曜以外平日20時まで受付しております。

20時を過ぎても交通事故患者様、むち打ち患者様に限り電話してもらえれば、相談に乗ります。

待ち時間も少ないので通院しやすく適切な通院日数でリハビリを行えます。

良くあるのですが、骨折して入院中などは一生懸命リハビリするのですが、患者様が仕事に復帰された時、中々病院の外来通院リハビリ時間に、間に合わないので、治療を諦められる場合があります。(泣き寝入り、治療を諦める。)そのようにならないように、あの時「しっかりリハビリしとけば良かった。」など後悔しないように、少しでも治癒・改善してもらいたいの思いで永田スタッフ全員で治療に当たっております。

交通事故で痛めた膝の捻挫についての考え方・治療法

手技療法ここでの膝の捻挫は軽度の靭帯損傷、関節包の損傷と考え述べてみます。

膝の捻挫は特にレントゲンで異常ない為患者様も治療する側も軽視する事が多いようです。

靭帯を損傷しているので適切な治療が必要です。

一般的な整形外科さん・整骨院では、レントゲンで異常がなければ、湿布と痛み止め薬のみの治療になることが多いようです。

そうなると、靭帯が伸びたままになり、関節がゆるくなり再度膝を捻挫しやすくなります。

ですので東洋鍼灸整骨院グループは後遺症なく治す為に、手技療法を中心に血液循環を良くする治療や、物理療法・場合によりRICE処置テーピング包帯・包帯処置など必要に応じた治療を行う必要があります。

勿論、頑固に痛みが取れない膝の捻挫・に鍼灸治療は効果を発揮します。

交通事故で痛めた膝・足の打撲の考え方・治療法|京都市伏見区・西京区 東洋鍼灸整骨院グループ

脚への施術膝の打撲に関しては一般的な整形外科さん・整骨院では、湿布のみの治療になりやすいですが、打撲を軽く考えて湿布だけの治療になると、関節内に腫れが残ったり、膝に水が貯まりやすくなったり、膝を曲げにくくなったり、膝を床などに痛いなどの後遺症が残る可能性があります。

また、骨膜打撲の場合刺激に対して骨膜が過敏反応して、触ると痛いというような後遺障害を残すことがあります。

東洋鍼灸整骨院グループでは打撲の場合でも甘く考えず場合によってRICE処置を行い、手技療法を中心としたリハビリを行う必要があると考えております。

頑固に痛みが取れない膝の打撲後の痛みに対してもに鍼灸治療は効果を発揮します。

東洋鍼灸整骨院グループは鍼灸整骨院のため、交通事故治療を得意とした柔整師だけでなく鍼灸師も常勤している為、行えるのです。

交通事故で痛めた膝の半月板損傷・内外側副靭帯損傷・十字靭帯損傷についての考え方・治療法

施術風景膝の半月板損傷・内外側副靭帯損傷・十字靭帯損傷はMRI検査等で明らかに損傷している場合は手術が必要となる場合が多くなります。

東洋鍼灸整骨院グループでは手術という治療法の選択肢ないので、専門病院での治療が最適です。

手術にしても、保存療法の固定にしても患部が安定してきたらリハビリがはじまります。

東洋鍼灸整骨院グループでは膝の機能を回復するには、このリハビリが重要だと考えております。

リハビリは手を掛ける(手技での治療)する事と通院頻度が重要だからです。

一般的な整形外科さんでは受付時間が短く、リハビリの予約も取りにくい為、適切な通院回数をこなせません。

東洋鍼灸整骨院グループは、一般的な整形外科・整骨院さんと違い水曜土曜以外平日20時まで受付しております。

20時を過ぎても交通事故患者様、むち打ち患者様に限り、電話していただければ、相談に乗ることができます。待ち時間も少ないので、通院しやすく適切な通院日数でリハビリを行えます。

リハビリを根気よく行わないと日常生活にも支障をきたす後遺症を残すことになります。

良くあるのですが、靭帯損傷の手術し入院中などは一生懸命リハビリするのですが、患者様が仕事に復帰された時、中々病院の外来通院リハビリ時間に、間に合わないので、治療を諦められる場合があります。(泣き寝入り、治療を諦める)そのようにならないように、あの時「しっかりリハビリしとけば良かった。」など後悔しないように、少しでも治癒・改善してもらいたいの思いで永田スタッフ全員で治療に当たっております。